HOME > 社会システム実証センターについて

社会システム実証センター 将来必要とされる新しい社会システムとそれを支える先端半導体の開発・製品化を促進するため、開発した半導体製品の実環境下での実証実験や、評価・改良を行う設備・ノウハウを提供する拠点施設

センター長挨拶

社会システム実証センター センター長 安浦 寛人

 情報通信技術の進歩は、社会構造にも大きなパラダイムシフトを誘引しており、個人の生活から企業活動、国家の営み、さらには国際社会の動向にまで大きな影響を与えています。システムLSIを始めとする情報通信機器やデバイスの企画、設計、生産、試験、販売、運用、廃棄というライフサイクルの中で、運用フェーズを重視したビジネスモデルが重要な産業となり、新しい社会システムを生み出しています。種々の産業分野において、顧客が製品を利用する段階での価値の創造や投資の回収が鍵となる新しい社会・経済構造が構築されているわけです。
 社会システム実証センターは、このような社会・経済構造の変化に対応した技術開発の拠点として、新しい製品やデバイスを用いた社会実験を行い、製品やサービスの評価・改良を行うためのセンターです。個人認証基盤を利用したサービス、無線通信技術を利用したシステム、新しい組込みシステムの設計技術等、21世紀の新しい社会情報基盤構築に必要な技術やサービスの開発・実用化・展開に幅広くご利用いただきたいと思います。

社会システム実証センター概要

コア技術のアプリケーションを開発して市場へ投入、市場での利用結果をフィードバック。
  • 先端的基盤技術3分野(認証、無線通信、組込みシステム) の実証実験設備
  • 企業等の実証実験実施の支援
  • 実証実験データやノウハウの提供と蓄積
    (実証実験データ蓄積・解析用サーバ)
  • 試作品・開発品の評価・解析機器
  • 電波暗室等の専用無線・通信測定室
  • 研究開発ラボ室
  • 講演会等用のセミナー室
本センターを活用した実証実験イメージ

実証センターを使っていただきたい方

  1. 技術の商品化に悩んでいる企業、大学研究機関
     [分野]半導体、電子機器、機械、ソフトウェア他

  2. サービスの効率化や付加価値化、それらを目的とした情報化に悩んでいる企業、自治体
     [分野]大学教育機関、商業、流通業、飲食、交通、畜産、農業、製造業他

  3. 新しいサービスビジネスモデル構築に悩んでいる企業

  4. 社内の商品開発力向上をお考えの企業

  5. 情報化のテスト環境を構築したい企業、自治体

  6. 実証実験の場をお探しの企業、自治体